ABOUT

雪国のあたたかな針仕事 「南部菱刺しと津軽こぎん刺し」 昔の人は麻布のことを「ノノ」と呼んだそうです 浅葱色のノノに色鮮やかな糸を組み合わせた「南部菱刺し」 紺色のノノに白い綿糸で細かな模様で魅せた「津軽こぎん刺し」 同じように見えても模様や色使い、刺し方の違いがあります 似ていても違う姉妹のよう 経糸(たていと)を数え布目を塞ぎながら刺すふたつの刺し子は 手間も時間もとてもかかり現代では必要がないかもしれません それでも人の手から作り出される模様は美しく 人間味のある優しい布に変わっていく所に惹かれるのではないでしょうか ノノという愛らしい音の響きから「nonoc」と名付けました 雪国から生まれた美しい模様と色糸の組み合わせの面白さ そして手に取った時の暖かさを感じていただければと思っております -経歴- nonoc 代表 木滝奈央 2015年 ・こぎん刺しを刺し始める 2016年 ・南部菱刺しに出会いNK-worksとして作家活動を開始 2018年 ・菱刺しフェスに参加 2019年 ・南部菱刺しに関する取材や研究開始      ・KOMEKUUTO八戸店/店舗装飾協力 ・nonocに改名 2020年 ・ギフトショー2020春 LIFE&DESIGN        AOMORICRAFTブースに出店 ・金子(青森県七戸町)/店舗装飾協力 -お取り扱い店舗さま- 東京都:丁子屋 弘前市: 津軽工房社 八戸市:KOMEKUUTO八戸店 三沢市: 星野リゾート青森屋・Peach Sound 十和田市:宇樽部キャンプ場(5月~10月末)   上記の店舗さまにてお買い求めいただけます。 また、SNS掲載商品の問合せなどは問合せフォームより連絡をお願いします。