NEWS

古布を探して

青森県内で見つけた古布を少しずつ買い揃えています。主に麻を探していますが、木綿だったり分からず仕舞いのものもあります。

菱刺しやこぎん刺しで使用する布地は経糸と横糸の比率が違い、布を透かして見ると縦長で密度は今使用されているものより詰まっている印象です。しかしながらものによっては正方形だったり、若干横長に見えるものもあります。

身近にいる先輩方に尋ねたり、本を読み返したりしています。藍に染められたもの、筋の入ったもの、織ったばかりの張りのあるもの。不思議で謎だらけですが本物を見ることが何よりも勉強になると思っているので、引き続き探し求めたいと思います。

古布を使用して作るのは主に展示用に。
タペストリーだったり前垂れだったり、いつか自分が刺した布も古作と呼ばれる日が来るのでしょうか…。